関西ワイナリー協会 設立趣意書

関西ワイナリー協会 設立趣意書

 

  我々、関西地域の中小ワイナリー各社の成立ちや歴史は様々ですが、消費者の皆様方に良質のワインを提供したいとの思いでは一致しています。

  このため、自己研鑽や業者同士の情報交換により、醸造技術の向上や、自社農園でのブドウの栽培技術の向上に精進・切磋琢磨し、世界に誇れるワインを醸造しているというプライドを持って事業を行ってきました。

しかしながら、日本のワインに関しては山梨などの地名度が高く、関西のワイナリーはほとんど知られていない状況にあります。

  また、ブドウ栽培農家は、高齢化や就農を希望する若者の不足などから休耕せざるを得ない方が増えている状況であるほか、昨年新たにできた「果実酒の表示ルール」の影響から、ブドウの苗木が入手しにくい状態が続いており、国産ブドウによるワインの醸造が困難になる恐れがあります。

  このほか、現在は過去最高とも言えるワインブームで各社の出荷量も堅調ですが、少子高齢化や若者のアルコール離れによる酒類全体の消費量の低下、TPPの大筋合意により輸入ワインの値下がりが見込まれるなど、将来に向かっての課題は山積しております。

  以上のことから、ワインを応援してくれる方々(消費者、酒販店、及び飲食店)とともに、ワインを発信するイベント等を通じて、関西ワインの周知を図るとともに、関西の食文化とワインを発信してゆくことを目指します。加えて、各ワイナリーがより緊密な関係を築いてワイン醸造やブドウ栽培に関する情報交換や技術協力のほか、行政をも巻き込んでブドウ生産農家への支援を行うなど、関西のワイナリーにとって輝く明るい未来が訪れるよう力を結集するため、ここに関西ワイナリー協会を設立するものであります。

 

関西ワイナリー協会  発起人一同

 © Kansai wineries Association. All Rights Reserved